サイトへ戻る

BRIDGE 特別コラボセミナー

PT・STで考える頭頚部・体幹のアプローチ

· コラボセミナー

+

7月に福岡で行う予定の特別セミナー。まだ日時しか決まってませんが、既にほぼ埋まっている状況です。内容確定しましたら参加予定の方にはお知らせしますので、もう少々お待ちください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

早いもので小児歯科・歯科医院での助産師さんとの臨床も4年目になるでしょうか。

この1年は生後数週~1歳未満の乳児の依頼も増えており、今年に入ってからは出産前から歯科でのタッチケアを予約されるケースも出てきました。

 

 

歯科医院で出会うお子さんたちに必要なアセスメントの視点は多岐にわたるため、常に多職種でみて、その場で話し合い、検証するというプロセスを1度のケアの中で何度も繰り返していきます。

そういった臨床を反復するなかで特に重点的にアセスメントを行う必要がある項目が少しずつ理解できてきて、昨年末ようやく多職種共通アセスメントシートの土台が完成。使う度に改善を行っています。

アセスメントシートでは、口腔機能と身体の機能、そして口腔が関わる活動についての能力を1枚のシート上に記載できるようにしており、全体の関連を把握しやすくなるよう構成しています。歯科の先生から職員向けの研修をお願いされた時には、そのシートも活用しながらお話するので、より実践的なお話もしやすくなったように思います。

 

さて、今年の目標の一つは「新たな連携」

 

①耳鼻科クリニック

ここ数年は歯科からみた口腔育成について理解を深めてきましたが、歯科からの視点を学ぶほど重要性を感じるのは、耳鼻科からの視点。歯科から見た口腔育成、耳鼻科から見た口腔育成。双方の現場に入り、学ぶ機会を作れたらと考え、今は耳鼻科のドクターと情報交換を行っているところです。

 

②訪問看護ステーション

実は訪問看護ステーションについては小児専門の事業所と既に連携が始まっており、口腔機能への理解と必要なケアの実践によって、重度の障害を抱えるお子さんたちにとても良い効果がでています。

 

③整形クリニック

整形クリニックについては、今月最初の会議を予定しています。小児歯科と連携している言語聴覚士さんの人数はまだまだ少ないですが、整形クリニックと連携となると、もしかしたらもっと人数は少ない(そもそもいるのかな)と思います。こちらは内容について紹介できるのはもう少し先になると思います。

 

 口腔という視点から様々な専門職と繋がれるのは、それだけいろんな領域との関連が強いからだと思います。今年の目標にはあげていませんが、産婦人科連携もいつか実現できたらと思います。

 

自分の専門性を深めつつ、

専門職が孤立しやすい地域でこそ、チームでみていく。

 今年度も探求していきましょう。

 

さて、ここまで記事のタイトルと関係ないお話しをしてきましたが、最後にお知らせです。

 

BRIDGE 特別セミナー

ということでBRIDGEの理学療法士 小松さんと久しぶりにコラボセミナーを行います。

最初は名古屋、そして大阪、北海道、沖縄などいろんな地域をまわる予定です。

日時が確定したものから徐々に追記していきますね。

 

また各地をまわりながら、個別に法人研修などのご依頼を頂いていた方について、スケジュールが調整できれば研修の前後の日程で対応したいと思います。すでに大阪開催の前には高知、淡路島などまわろうかと検討中です。もし要望などありましたらご相談ください。

今のところ訪問看護ステーションや歯科の先生からの相談が多い印象です。

 

久しぶりに皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

 

名古屋会場 7月10日(日)

会場:ウインクあいち 1008研修室

申込み: https://pro.form-mailer.jp/lp/c74087d2255618

時間:10時から16時(開場9:30)

 

 

前日の9日(土)13:30~16:30には口腔研修を名古屋で開催します。

定 員:6名(先着順)
場 所:名古屋市東区東桜1丁目2-8 
WA東桜貸会議室2階 第2会議室(和室)
受講料:11,000円(税込み)

口腔研修の受講を希望される方はホームページの下部の問合せフォームよりご連絡ください。

 

 

東京会場 8月21日(日)

申込み: https://pro.form-mailer.jp/lp/b4563449256994

会場:大田区産業プラザPiO F研修室

時間:10時から16時(開場9:30)

 

 口腔機能について一緒に楽しく学びましょう。

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。